学校では教えてくれない英語を学ぶ上での大切な3つのこと

人生が変わる!本気のオトナ留学
BC州&バンクーバー留学コンサルタントの宍戸律子です。

img_7116

最近、ほぼ毎日英会話レッスンが入っています。
生徒様が理解しやすいように、しっくりくるように
と心がけながらレッスンしていると
ついつい熱くなってしまい
終わるとお互い頭から煙が出ている状態に・・・笑

さて、今日は学校では教えてくれない
英語を習得する上での大切な3つのことをご紹介!

英語=日本語にならないと覚えておく

学校で英語を習った時は英語を日本語に訳すように学びましたが

英語=日本語って100%訳すことって無理なんですよね。

英語と日本語って文化的にも考え方が違う。

ざっくり説明すると、日本語での会話はとても抽象的な表現が多いですが
英語の表現は具体的でもシンプルなんです。

言葉も文化も違うので100%イコールになること自体ありえないのです。

イメージでとらえる

英語=日本語に100%ならないので
どういう風に会話を訳していけば良いのかというと

イメージで捉えていくこと。

例えば

He is going to walk into the wall.

englishenglishenglishcanadacanadacanda

walk into は「〜の中に歩いて入る」
the wall は「壁」

直訳すると”彼は壁の中に歩いて入る。”となりますよね。

これだとありえない状況になります! 笑

イメージでとらえると、上の写真のように
壁に向かって歩いているというような情景が浮かぶかと思います。

「壁の中に歩いて入る」というのは現実的に不可能なことが分かるかと思います。

この写真の彼はきっとこのままだと壁にぶつかってしまいますよね。
なので、walk into the wallは「壁にぶつかる」ということが分かります。

英語と日本語は完全にイコールにはならないので
イメージでとらえて、ニュアンスで理解することをお勧めします!

自分の意見を言えるようになっておく

例えば、好きな映画の話を海外の人と英語で話すとします。

日本だと
「〇〇(俳優さんや女優さんの名前)かっこよかった〜」
と言った感じで盛り上がりますが
カナダとか英語圏の人は
「私は〇〇のこの演技がとても心に響く!」とか
「あの映画は普段忘れている幸せに気がつかせてくれて
私は〜だと思うんだよね〜」など

自分の意見を相手に伝えていきます。

englishenglishcanadacanadacada

なので日頃から自分の好きなものについて

なぜ自分がそれを好きなのか
なぜそれに自分が惹かれるのか

「私は〜」という感じで考える癖をつけておくことをお勧めします。

この3つのポイントは私が英会話を教える上で
絶対に生徒様にお伝えしています。

これ、学校では教えてくれないんですよね。

でも、それが分かるだけでも英語へのイメージが変わったり
苦手意識がなくなる方もいらっしゃるくらいなんです!

ぜひこの3つのポイントを覚えておいてくださいね!

律子のプライベートカナダ留学相談室音譜
https://peraichi.com/landing_pages/view/privatesession2017/

人生を変えるカナダ留学を実現!留学コンサルタント律子の7日間のMail Letter音譜

お申し込みはこちら!
http://www.reservestock.jp/subscribe/62272

律子のスキマ時間有効活用の英会話メールレッスン音譜
お申し込みはこちら!
https://ssl.form-mailer.jp/fms/6f0310a0487451
カナダ滞在8年。高校・カレッジ・大学・ワーホリ留学を経験した
留学を通して”No”と言える凛とした女性を増やすことをビジョンに持つ

人生が変わる!本気のオトナ留学
BC州&バンクーバー留学コンサルタント
宍戸律子
facebook: https://www.facebook.com/ritsuko0713

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP